悩みに働きかける理由

注射

どんな風に変わるのか

コスメやサプリでは限界だから、いっそのこと美容整形で気になるしわを何とかしたいと考えるなら、切らない施術であるボトックス注射が適しています。昨今、メスを使わないでしわ取りをしたいという要望が増えたことから、注射による施術がメインです。中でも選ばれているのがボトックス注射で、ボツリヌス製剤を注入することによって得られるボトックス効果は非常に高いと評判です。ボトックス注射の特徴は、表皮の下の真皮層のまだ下という深い部分にある表情筋に直接ボツリヌス製剤を注入するため、しわが効果的に取れ、さらには継続することでしわができなくなる肌に変えていきます。さらに顔のエラが張っているのが気になるという人にも適しており、ボトックス効果によって徐々に小さくしていき、エラを目立たせない顔にすることができます。ボトックス効果には決まって小顔がよく挙げられますが、これは筋肉の働きを弱めることにより、顔を大きく見せていたエラ部分の筋肉を痩せさせることによって顔を小さくするという特徴な効果があったわけです。なぜボトックス注射を打つと小顔になるのかという疑問を持っていたとしたら、ボトックス効果の特徴を知ることで、しっかりと納得できるようになります。ボトックス効果には、しわがとれたりエラをなくして小顔にしたり、さらにはふくらはぎが細くなるといったこともあります。とはいえ、ボトックスがどのように働くのかを詳しく知っている人は少ないでしょう。ボトックスがこれらの効果をもたらす仕組みは、筋肉に働きかけるという作用を持っているからです。この仕組みにより、しわや顔のエラの張りが筋肉に起因してできているのであれば、筋肉の働きを弱めることによってしわをなくしたり、エラを目立たなくさせたりするというボトックス効果を得ることができます。筋肉が原因でできるしわは、奥深くにある表情筋に達するほどに深く刻み込まれていますので、化粧品などでの改善は不可能です。また、顔のエラの張りは筋肉が発達しすぎることでできるとされています。ボトックス注射ではこの筋肉部分に直接ボツリヌス製剤を注入することで、筋肉の働きを一時的に抑止させてしまうのです。表情筋にできたしわであれば、筋肉の働きが抑えられることで消えていきますし、エラの張りや太いふくらはぎが筋肉の発達しすぎが原因だったなら、動かなくなれば筋力が衰退して細くなっていきます。これがボトックスの仕組みであり、筋肉の働きを抑止するということでしわが消えたり、エラがなくなったり、ふくらはぎが細くなるというボトックス効果をもたらすのです。

Copyright© 2018 ボトックスで得られる嬉しい効果【メスを使用しない注射治療】 All Rights Reserved.